薄毛の人の割合が多い国は

薄毛に悩んでいるのは、何も日本人だけではありません。外国人の中にも薄毛に悩む人はたくさんいます。今回は、世界にスポットを向けて、どこの国の人が薄毛になりやすいのか、また、どうしてなりやすいのかを徹底的に解説していきます。

アデランスによる世界薄毛調査

日本の大手カツラメーカであるアデランスが世界21ヶ国に調査団を派遣して、各国の薄毛の人の割合を調査しました。

調査方法についてですが、それぞれの調査員が通行人を目視で判断します。髪の毛のボリュームや頭皮の露出具合で明らかに髪が薄いと感じる場合に薄毛と判断します。対象人数は、1ヶ国あたり3800人~14000人と多少のばらつきがあります。

その結果は、次の表のとおりです。(欧州系は青色、アメリカ系・豪州は黄色、アジア系は紫色)

順位 国(都市) 薄毛の割合 薄毛人口
1位 チェコ(プラハ) 42.79% 158万人
2位 スペイン(マドリッド) 42.60% 650万人
3位 ドイツ(フランクフルト) 41.24% 1263万人
4位 フランス(パリ) 39.10% 787万人
5位 アメリカ(NY/LA/シカゴ) 39.04% 4027万人
6位 イタリア(ミラノ) 39.01% 874万人
7位 ポーランド(ワルシャワ) 38.84% 505万人
8位 オランダ(アムステルダム) 37.93% 216万人
9位 カナダ(モントリオール) 37.42% 441万人
10位 イギリス(ロンドン) 36.03% 760万人
11位 ロシア(モスクワ) 33.29% 1623万人
12位 オーストラリア(シドニー) 30.39% 208万人
13位 メキシコ(メキシコシティ) 28.28% 811万人
14位 日本(東京) 26.05% 1293万人
15位 中国(香港) 24.68% 61万人
16位 シンガポール(シンガポール) 24.06% 41万人
17位 タイ(バンコク) 23.53% 476万人
18位 マレーシア(クアラルンプール) 22.76% 152万人
19位 台湾(台北) 22.59% 175万人
20位 韓国(ソウル) 22.37% 337万人
21位 中国(上海) 19.04% 8876万人

薄毛は欧州にあり

この表で上位をほとんど独占しているのが欧州、続いてアメリカ系、そして、最後は日本を含むアジア系です。

1位のチェコが42.79%、2位のスペインが42.60%、3位のドイツが41.24%とこの3つの国は、40%を超えています。40%というと10人に4人が薄毛という事ですから、まさに薄毛大国です。

欧州系の中で一番薄毛の割合が低いロシアでさえも薄毛率33.29%ですから、欧州は薄毛を作り出す何かを持っているのかもしれません。

ちなみに、我が国日本はと言うとアジアの中では一番多い26.05%でした。世界基準で見てみると割合は低いですが、アジア基準で見てみると一番高いので、安易に喜ぶことはできません。

ユニークな薄毛世界地図

上のアデランスによる世界(21ヶ国)の薄毛人口の割合を地図化させた薄毛世界地図を旅行口コミ会社であるトリップアドバイザーが作成しました。(下の画像はこちらより引用しています。画像はクリックで拡大表示)

薄毛世界地図

この地図は、上に世界地図、下には各国の髪型をイメージしたイラストが描かれています。

上の世界地図では、1位のチェコ~3位のフランスまで大きく表示されています。特に1位のチェコのイラストにはキングを示す冠をかぶっています。

下のイラストでは、それぞれの国ごとに10人の顔が描かれており、薄毛の割合に応じた髪型をしています。なので、1位のチェコや2位スペインの場合、4人近く頭皮をあらわにした人がいますが、21位の中国では、2人ほどしかいません。

服装もそれぞれの国の伝統的なものを着せており、また、その国の有名人と思われる人も描かれています。細かいところまでしっかりと配慮されていて、なおかつ非常にユニークな世界地図です。

あえて、言うならば欧州が主役であることをさらに印象付けるために、日本を中心とした地図ではなく、ヨーロッパを中心とした地図に変えるともっと良かったのかなと思います。

なぜ欧州の薄毛率が高いのか

さて、この特殊な調査によって導き出されたのが、薄毛の割合においては西高東低であり、欧州地域の人(大多数が白人)が非常に多いという事です。

では、なぜ欧州の人たちの薄毛率が高いのかを考えていきます。

男性ホルモンと遺伝子

一番最初に考えられるのが、欧州人すなわち白人は、遺伝子的に薄毛になりやすい民族ではないかという事です。

欧州の人たちは、すね毛や髭などの体毛が濃いので、男性ホルモンの活動力がアジア諸国の人に比べて活発なのではないかと思われます。

男性ホルモンが活発になればなるほど、AGAの原因となるTGF-βタンパク質が作られるようになり、髪のボリュームがなくなっていきます。なので、欧州人の薄毛は、M字ハゲ、O字ハゲのようなTGF-βタンパク質が作用しやすい場所に起こりやすいです。

このあたりの薄毛の遺伝や男性ホルモンについては、次のリンク先に詳しく説明しているので興味があれば読んでください。

食生活と風呂文化

そして、もう1つは欧州人の食事文化とお風呂文化にあります。

まず、食事についてですが、欧州の人たちは食べる量が非常に多く、味付けも極端に辛いものや極端に甘いものを好む傾向にあります。すると当然、塩分や脂肪分を多く摂取するために、肥満や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなります。

また、とり過ぎた塩分や脂肪分などを体外に排出するために、頭皮から大量の皮脂が分泌されるようになります。

さて、頭皮に皮脂がびっちりとこびり付いてしまうこの状態も髪の毛にとっては良くありませんが、その状態をさらに悪化させているのが、欧州人のお風呂文化です。

テルマエ・ロマエの映画レーベル

ヨーロッパのお風呂文化と言うと、イタリアのローマ時代の大衆浴場文化を背景とした映画『テルマエ・ロマエ』が人気を集めました。

あの映画では、ローマ人の多くの方がお風呂好きで、ほとんど毎日お風呂に入るよう描かれていましたが、現代の欧州全域におけるお風呂事情は、全く異なります。

実は、欧州の人たちは浴槽に湯船を張らず、ほぼシャワーだけで済ませます。特に冬場などは、そのシャワーでさえも3~4日に1回程度しか浴びません。

ですから、食事によって分泌された大量の皮脂は洗い流されることなく、何日も頭皮上に放置されます。

そして、放置された皮脂は空気によってどんどん酸化され、毛穴を詰まらせたり、頭皮細胞を酸化させたりする過酸化脂質となります。

この大量の過酸化脂質により、頭皮の状態が悪化するため、髪の毛の成長がストップし、薄毛になってしまいます。これが、欧州の人たちが薄毛になりやすい原因です。

ただ、我々日本人においても、食の欧米化とともに暴飲暴食をする人が増えてきています。また、しっかりとシャンプーできていな人も多く見られます。日本人の薄毛率がそこまで高くないとはいえ、これらの事はしっかりとして、薄毛予防に心掛けるようにしましょう。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  薄毛についてこれだけは知っておこう  >>  薄毛の人の割合が多い国は

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安