薄毛を気にするならタバコはやめよう

『タバコは百害あって一利なし』の言葉通り、喫煙は私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。

そして、その悪影響の1つに、髪の毛の成長を妨げるというものがあります。ここでは、なぜタバコを吸う事で髪の毛の成長を妨げるのか?すなわち薄毛になってしまうのかについて説明します。

タバコが頭皮に与える影響

血液循環の悪化に伴う栄養不足

薄毛を進行させる理由の1つに、血液循環の悪化に伴う毛根細胞の栄養不足があります。毛根細胞にしっかりと栄養が送られなければ、正しく細胞分裂が行われなくなり、髪の成長が止まります。

そして、血液循環を悪化させてしまうのが、タバコの煙に含まれるニコチンです。ニコチンが体内に取り込まれると、交感神経を刺激するため、血管が収縮されます。

この血管の収縮によって、頭皮の温度が2~5度くらい下がります。つまりそれぐらい血行が悪くなるということです。

また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素も毛根細胞の活動を低下させます。

通常血液中のヘモグロビンは酸素と結びついて全身に酸素を送りますが、一酸化炭素があると、酸素よりも優先して、一酸化炭素と結びついてしまいます。

その結びつく力は、酸素と比べて200倍以上も強いので、酸素の大半がヘモグロビンと結びつく事ができなくなります。すると、毛根細胞にも酸素を供給することができなくなるので、髪の毛の成長が止まり、最悪の場合には抜け落ちてしまいます。

活性酸素による頭皮細胞へのダメージ

タバコを吸うことによって、私たちの体内に活性酸素と言われる酸化力の強い酸素が作られます。

活性酸素は、不飽和脂肪酸でできた細胞膜と結びつき、過酸化脂質を作り出します。この過酸化脂質が毛穴を詰まらせたり、頭皮細胞を酸化させる事によって破壊します。

この破壊によって、頭皮内の毛根細胞が正しく細胞分裂できなくなり、少しずつ髪の毛が薄くなってしまいます。

また、活性酸素の除去には、抗酸化物質が必要なのですが、この中には髪の毛を作るために必要なアミノ酸含まれています。つまり、大量に活性酸素が発生した場合には、髪の毛の生成を犠牲にして、取り除いてやらなければなりません。

そして、驚くことにタバコ一本吸うことによって、この活性酸素が100兆個も発生します。ですから、喫煙がいかに髪の毛の成長を妨げているかがわかると思います。

喫煙による男性ホルモンの増加

薄毛の原因として、ジヒドロテストステロン(DHT)と言う男性ホルモンが挙げられますが、実は喫煙することで、この男性ホルモンが増加するという調査結果が発表されました。

この調査は、アメリカのハーバード大学公衆衛生学部によって行われたものです。

調査内容としては、総勢1241名のアメリカ人の中年男性を非喫煙者と喫煙者に分け、それぞれの男性ホルモンの量を比較しました。その結果、喫煙者は、非喫煙者と比べてテストステロンは9%、ジヒドロテストステロンは13%高いことがわかりました。

アンドロゲン受容体が薄毛の鍵を握る

ただし、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンが多く作られるから、すなわち薄毛になるというわけではありません。

なぜなら、DHTの生成から脱毛段階に進むには、DHTがアンドロゲン受容体と結びつき、TGF-βタンパク質を作る必要があります。いくらDHTが大量に作られても、アンドロゲン受容体と結びつかなければ、薄毛に発展することがありません。

そして、アンドロゲン受容体の感度の高さ(結びつきやすさ)は、人によって異なり、ほとんど母親からの遺伝によって決まります。

つまり、もともと薄毛遺伝子を持っていない人は、喫煙によるDHTの増加はほとんど影響はなく、逆に薄毛遺伝子を持っている人は、喫煙によって、薄毛がどんどん進行します。

なので、同じ喫煙者でもフサフサの人もいれば、スカスカの人もいます。

喫煙によるダメージは女性の方が深刻

女性が男性より薄毛になりにくい理由の1つとして、女性ホルモンが挙げられます。女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、髪を太く力強く成長させる働きがあります。

しかし、喫煙は、髪にとって重要な女性ホルモンを分解し、分泌量を減らしてしまいます。

女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、髪の毛が細くなってしまうので、全体としてのボリュームが減り、薄毛になってしまいます。更年期を過ぎた女性の髪が急に薄くなるのもこのためです。

ただ、喫煙によって起こる女性ホルモン量の低下スピードはゆっくりなので、初めはほとんど気づきません。しかし、着実に体を蝕んでいきます。そして、薄毛の進行が目に見える形で現れた時には、もう手遅れの状態です。

なので、そうなる前にタバコを止めるようしてください。タバコは女性にとって必要不可欠な女性ホルモンの分泌を減らす恐ろしいものであると理解してください。

薄毛を気にするならタバコはやめよう

タバコでストレス解消は小嘘

よく喫煙者の方が『タバコを吸わないとイライラする。だから、禁煙することで、かえってストレスで薄毛になる』と言われますが、これは間違いです。

実は、タバコを吸う事によって解消されるストレスは、タバコを吸いたいけど吸えないストレスだけです。そして、当然の事ながら、そのストレスが発生するのは、タバコが原因です。

喫煙により、脳内にニコチンが取り込まれると、大量のドーパミンを放出します。このドーパミンは幸福感や快楽を司る神経伝達物質で、喫煙後30分程度で減少します。

すると、幸福感や快楽がなくなるので、その反動でイライラし、再びタバコを手にするようになります。

これがニコチン依存症であり、その時のイライラがストレスとなります。

つまり、喫煙によってストレスを解消しているのではなく、喫煙しない状態の時にストレスを発生させているのが正しい言い方です。

タバコは髪にとっても体にとっても悪い

今までの説明で、タバコが薄毛の原因の1つである事がわかったと思います。そして、禁煙によってストレスが発散できているという事が、嘘であることもわかりました。

もちろんタバコは髪の毛だけでなく、体の健康を害します。

ですから、薄毛について悩んだり、健康を考えるなら、すぐにでも禁煙するようにしてください。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  薄毛についてこれだけは知っておこう  >>  喫煙は薄毛進行を加速させる

他の薄毛の原因も知っておこう

タバコ以外にも薄毛になる原因はあります。気になる方はこちらをご覧ください。

また、薄毛の原因について詳しく知りたい方、その改善方法、予防方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安