リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

普段、何気なく使っているリンス、コンディショナー、トリートメントは何が違うのかを説明します。

リンス・コンディショナー・トリートメントそれぞれの役割

まずリンスの役割は、髪の表面に油分の皮膜を作ることによって、水分の蒸発を防いだり、髪に艶を出すことができます。また、シャンプーでアルカリ性になったものを、髪本来の弱酸性に戻します。

コンディショナーもリンスとほとんど同じで、髪の表面のみに作用し、油分の皮膜で水分の蒸発を防いだり、髪に艶を出す事が主な目的となります。厳密に言うと、コンディショナーの方が、リンスよりも髪の表面の保護をしっかりします。

トリートメントの役割は、髪の表面だけでなく、内部にまで成分を浸透させ、髪に栄養を与えます。そして、髪の痛みを補修したり、質感のコントロールまでできるものもあります。

すなわち、リンスとコンディショナーとトリートメントの違いについてですが、リンスとコンディショナーは基本的には同じで、髪の表面にだけ作用するもので、トリートメントは髪の内側まで浸透するという事です。

メーカ各社さんによる定義の違い

実は、リンス、コンディショナー、トリートメントの使い方や役割はメーカによってかなりバラつきがあります。これは、違い.comさんに詳しく書かれていましたので、引用させていただきます。

引用元:違い.com

リンス コンディショナー トリートメント
花王 髪の表面に保護膜を作って、髪の滑りを良くしたり、髪のパサつきをなくす リンスと同じ 髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整える
ユニリーバ 取り扱いなし 髪にうるおいを与え、なめらかでまとまりのよい状態にする 有効成分の配分量が多い
資生堂 シャンプー後の髪になめらかさを与え、髪が乾いたあとも、そのなめらかさとつややかさが持続させる リンスと同じ より効果的に水分・油分を補う
P&G 取り扱いなし 主に髪の表面をなめらかにしたりコートすることによって、指/くし通りを良くし、ダメージから髪を守る 効力がコンディショナーよりも高い
LION 毛髪表面に吸着してシャンプー後の髪のすべりを良くする リンスと同じ 毛髪内部に浸透して内部から髪の状態を整えます

各メーカさんの考え方をみると、リンスとコンディショナーは同じという考えが多く、どちらかを取り扱っていないメーカさんもありました。また、トリートメントに関しては、リンス(コンディショナー)よりも有効成分や効力が大きいという感じです。

リンス・コンディショナー・トリートメントの順番は?

では、次にリンス、コンディショナー、トリートメントの使う順番について説明します。とりあえず、上の説明からリンスとコンディショナーは同じとします。

順番はシャンプー   ⇒   トリートメント   ⇒   リンス(コンディショナー)です。

シャンプーで、髪の毛や頭皮の汚れを落とした後、トリートメントで、紫外線などで受けたダメージを補修したり、髪の毛に栄養を与えた後、リンス(コンディショナー)で、髪の表面をコーティングして、艶を出します。

また、トリートメントは髪に浸透させてから5~10分程度おき、リンスは1分程度ですぐに流しましょう。

使用する上での注意点

リンスにおける注意点

リンスの役割は上でも説明したように、髪の表面に油分の皮膜を作り、水分の蒸発を防ぐことです。なので、リンス剤は髪の毛のみにつけ、頭皮(地肌)には、つけないようにしましょう。

頭皮(地肌)についてしまうと、シャンプーによって、頭皮の汚れを落としたのが無駄になります。また、リンス剤が頭皮にある毛穴を塞いでしまい、頭皮が炎症を起こす可能性があります。

また、リンスはつけてから1分程度放置するだけで結構です。そして、しっかりとすすいで、リンス剤を完全に落とすようにしましょう。

トリートメントにおける注意点

基本的にはトリートメントは、シャンプーの後にやります。リンス同様、髪の毛にはしっかりとつけますが、頭皮(地肌)にはつけないようにしましょう。

また、トリートメントはリンスとは違いつけてから5~10分くらいは放置させ、栄養が髪の毛に浸透するのを待ってからすすぎましょう。そして、すすぎはしっかりと行い、頭皮のために余計な油分はとってしまいましょう。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  シャンプーについて知る  >>  リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

シャンプーに関するその他のコンテンツ

シャンプーに関して、もしよかったらこちらのページも読んでみてください。

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安