頭皮が赤くなる原因とその対処法

あなたの頭皮は赤くなっていませんか?もし赤みがあるなら、それは、頭皮が炎症を起こしているのかもしれません。ここで、その原因を知り、頭皮を健康にしてあげましょう。

頭皮が赤い状態とは

頭皮が赤くなる(紅斑ができる)のは、皮下組織にある毛細血管が拡張し、頭皮の下が透ける事によって起きます。ちなみにその周辺部を圧迫すると、一時的に赤みは消えます。

もちろんそれは、根本的な解決方法ではありません。健康な頭皮というのは、青白い色をしており、それが赤くなっているという事は、頭皮がなんらかの原因によって、炎症を起こしていると考えられます。

この状態は、髪の毛もダメージを受けやすくなっており、頭皮にかゆみを伴う場合があります。また、悪化すると、薄毛の原因になる恐れもあるので注意が必要です。

頭皮が赤くなる原因はいくつか考えられるので、自分がどれに当てはまるのかを判断し、それにあった対処をしましょう。

洗浄力の強いシャンプーを使っていませんか?

頭皮が赤くなる原因の中で一番多いのが、この洗浄力の強いシャンプーを使うことによって、頭皮についている汚れや油分を必要以上に取ってしまう事です。

頭についている汚れや油分を取ることは、頭皮を清潔に保つために非常に重要なことです。

しかし、汚れや油分等は、外からの刺激に対して、頭皮を守るバリアーとしての役目もあるので必要以上にとってしまうと、逆に頭皮にとってはマイナスとなってしまいます。

また、頭皮には、癜風菌(でんぷうきん)という菌(大量に発生するとフケの原因になる)が住んでいます。

これは、皮膚常在菌と呼ばれ、頭皮環境を整えるのに、重要な役割を果たしており、これらが洗浄力の強いシャンプーによって根こそぎ洗浄されてしまうと、頭皮環境が崩れてしまいます。

高級アルコール系シャンプー

次に、洗浄力の強いシャンプーとはどういうものかを説明します。

それは、ずばり高級アルコール系シャンプーと言われるもので、市販のほとんどがこれにあたります。

ちなみにここで出てくる高級アルコールというのは、品質が高く価値があるという意味ではなくて、ただ単に分子構造において、炭素(C)の数が多いアルコールで作られた界面活性剤というだけです。

一般的に次の成分の表記があるものが高級アルコール系シャンプーです。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸カリウム
  • パレスー3硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • スルホン酸ナトリウム

使っているシャンプーの成分表にこれらの表示があるかを確認してください。あなたの頭皮が赤くなっていて、これらの表記があるシャンプーを使っているならば、まず、シャンプーを変えてみることをお薦めします。

頭皮のアレルギーが原因かも

また、頭皮が赤くなる原因として頭皮アレルギーによるものがあります。

アレルギーとは、外から来る異物を排除する免疫反応が、特定のものに対して異常に反応してしまう事で、食物アレルギーや花粉症などが有名です。そして、このアレルギー反応は頭皮においても起こります。

では、何が頭皮アレルギーを引き起こしているのかというと、

それは、あなたが今使っているシャンプーです。

厳密に言うと、そのシャンプーに含まれている成分という事になりますが、それがあなたの頭皮に触れることで、アレルギー反応が起こり、頭皮が赤くなります。そして、その成分が何であるかは人によって異なります。

ですから、皮膚科でアレルギー検査を行うか、自分にあったシャンプーを色々試すなどの対策を取ってください。

うっ血していませんか?

体の中にある静脈や毛細血管に血が異常なほど溜まり、血流の流れを妨げられ、皮膚表面が赤くなる事をうっ血といいます。

みなさんも、手や指を紐などで縛った状態で放置していると、縛った所が赤紫色に変化したような経験をお持ちだと思いますが、それがうっ血です。

うっ血すると、頭皮に栄養が行き届かず、老廃物や余分な水分が溜まり、最終的には、頭皮がブヨブヨになってしまいます。頭皮が柔らかくなるのではなく、ブヨブヨで弾力がない状態なので、間違えないでください。

この状態になってしまいますと、髪の毛の発育に必要な栄養が不足するので、髪の毛が抜けたり、細くなってしまいますので、注意が必要です。

血液の流れを良くしてやろう

では、このようにならないためにどうすれば良いのかと言うと、体を動かして汗を流す、または、頭皮をマッサージするなどがあります。

運動すればするほど、筋肉が発達します。また、酸素を取り入れるために呼吸の量も増えます。

すると、血液の流れが良くなるので、体の隅々までに栄養が行き渡るようになり、うっ血が解消されます。ですから、日常的に運動する事ができれば万事解決です。

しかし、毎日体を動かす場所や時間がない人が大半だと思います。なので、そのような人達にお勧めするのが、短時間で効率よく頭皮の血行をよくできる頭皮のマッサージです。

頭皮マッサージは簡単なものでしたら、湯船に浸かりながら手軽にすることができます。また、当然お風呂は毎日入るものですから、お風呂と頭皮マッサージをセットにすることで毎日する事ができます。

なので、一番続けやすいうっ血対策は、平日はお風呂で頭皮マッサージを行い、休日に体を動かして、汗を流す事です。

脂漏性湿疹(皮膚炎)では?

頭皮は体の中においても、皮脂の分泌量が多い場所です。そして、そのような場所に置いておこる皮膚の炎症や湿疹などを脂漏性湿疹(皮膚炎)といい、頭皮を赤くさせる原因の1つとして、考えられています。

また、頭皮が赤くなる以外にも、痒みがでてきたり、皮膚があれてカサカサになって剥がれ落ちたり、ふけなども多く出たりするようになります。

では、この脂漏性湿疹(皮膚炎)の原因は何かといいますと、それは、マラセチアというカビです。

マラセチア真菌の写真

左にマラセチア真菌の写真を載せています。このマラセチア真菌は、もともと人の皮膚に存在する常在菌で、本来は、頭皮に悪影響を及ぼす他の菌を食べたり、頭皮の状態を整える働きをします。

しかし、皮脂や汗などの分泌物が増えると、それを餌として、マラセチア真菌が異常増殖し、その代謝物によって、頭皮が炎症を起こします。

そして、この皮脂分泌の原因となるのが、脂っこい食事ワックスやジェルなどの整髪剤洗髪に使うシャンプーの残りカス過剰な頭皮洗浄です。

ですから、脂漏性湿疹(皮膚炎)の改善方法として、

  • 脂っこいものばかり食べない
  • ワックスやジェルなどをしっかりと洗い流す
  • シャンプーやリンスー後のすすぎをしっかり行う事
  • 頭皮を過剰に洗わない事

です。まだ、症状がひどくない場合にはこれらの対策のみで治す事ができるので、しっかりと対策しましょう。

ただし、脂漏性皮膚炎の症状がひどい場合には、専用の薬用シャンプーにおいてマラセチア菌の繁殖を阻害しやる必要があります。もし、症状がひどい場合には、専門の薬用シャンプーを使って原因であるマラセチア菌の繁殖を抑えましょう。

下のリンク先に脂漏性皮膚炎を治療するシャンプーについて詳しく説明しているので、症状がひどい人や早急に改善させたい方が是非ご覧ください。

このように頭皮の赤みには、いろいろな種類があります。自分がどれに当たるかを見極め、また、もしわからなければ、皮膚科で診断を受けるなどして、改善できるように頑張りましょう。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  頭皮について知る  >>  頭皮に赤みができる原因とその改善法

他にもこんな頭皮の悩みありませんか?

頭皮が赤くなっている人は、下のような頭皮トラブルも併発しやすいです。心当たりがある人はしっかりとチェックしておきましょう。

また、頭皮に関する悩みを解消するのために以下のものをチェックしておいてください。

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安