次世代の薄毛治療!自家細胞移植とiPS細胞における毛髪再生医療

日本経済新聞に「髪フサフサ再び 資生堂、再生医療で商機探る 慶応大、iPSで毛包作成」というニュースが掲載されました。

このページでは、大手化粧品メーカの資生堂が毛髪再生医療に新規参入した事、慶応大学の大山准教授がiPS細胞を使って毛包細胞の再現に取り組んでいることが説明されています。ここでは、それらの事を詳しく解説し、将来の薄毛治療について考えていきたいと思います。

資生堂が賭けた自家細胞移植技術とは

資生堂は毛髪の再生医療事業に参入する。神戸市に拠点を開設、今秋にもカナダのベンチャーが開発した再生医療製品の提供を開始する予定だ。国内化粧品市場が伸び悩むなか、再生医療に商機を見いだす。 (引用)

資生堂が業務提携するのは、カナダのレプリセルライフサイエンス(RepliCel Life Sciences)という会社です。このレプリセルライフサイエンスという会社は、毛根細胞を切り取りとその培養の研究をしています。

その中で、資生堂が目を付けたのが、レプリセル社の高い自家細胞移植技術です。自家細胞移植とは、自己再生治療の過程において、患者自身の細胞を移植させる事です。

つまり、薄毛患者の頭皮から採取した底部毛根鞘細胞を培養させ、脱毛の激しい箇所に移植させます。そうすることによって、脱毛部分が活性化され、今まで活動が鈍っていた髪の毛が活発に成長するようになります。

活動低下の細胞の活性力を高めるという点では、現在のHARG療法に似ています。しかし、HARG療法は、毛根細胞の活性のための栄養剤を打ち込むが、こちらは毛髪の成長を促す底部毛根鞘細胞の活動を高めたものを頭皮に打ち込むので、より高い発毛効果が得られます。

資生堂はこの自家細胞移植技術に未来の毛髪再生をたくし、レプリセル社に4億円の契約料を支払いました。

自家細胞移植による毛髪再生医療技術の特徴

レプリセル社との業務提携によって、資生堂が得た自家細胞移植による毛髪再生医療の特徴として

  • 特殊な外科的手術を必要としないため体への負担が小さい
  • 患者自身の細胞を移植するため、拒絶反応が起こりにくい
  • 男女問わず行うことができる

などが挙げられます。

まず、具体的な治療行為としては、直径5㎜程度の円形型に頭皮を切除し、培養後、移植するだけです。数にして20個程度なので、体への負担は小さくてすみます。

また、自毛植毛手術においても同じですが、自身の細胞を移植させるため、移植後のリアクション(拒絶反応など)がほとんどありません。

そして、現状においてNO.1育毛剤であるプロペシアは女性の服用が認められていません。これは男性ホルモンに影響を及ぼす作用があるためですが、この移植治療には、そういった制約はなく、女性でも安心して受けることができます。

もうすでに実用化の目途がたっている?

資生堂は今月、神戸市のポートアイランド内に毛髪再生医療の拠点を開設。細胞培養施設を設置し、月10人分程度の再生医療製品を作製する。11月にも医療機関以外で再生医療に用いる細胞の培養を認める再生医療等安全性確保法(再生医療新法)が施行される。そこで事業化し軌道に乗れば、量産体制を整える。

平成26年11月25日に、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が施行されました。この法案について詳しく知りたい場合は、近畿厚生局のこちらのページをご覧ください。

法整備も整い、この技術を応用した治療方法は、実用化に向けて着々と動き出しています。

資生堂新領域研究センターの岸本治郎再生医療プロジェクト室長によれば、まずは、薄毛治療外来を持つ大学病院で有効性を確認し、2018年には広範囲の病院でその治療を行えるようにすると言っています。

そして、気になるお値段ですが、数十万程度に抑えれるようにするそうです。これは、現在の自毛植毛手術が80万~200万程度なので、それに対抗できるようにしたいとの考えです。

このような新たな育毛治療が出てくることで、薄毛に悩む人たちにたくさんの選択肢が与えられます。すると、自分にあった薄毛治療を選択することができるので、安心して治療を受けることができるようになります。

iPS細胞を毛髪再生医療に応用する

次にiPS細胞を使った毛髪再生医療についての説明を行います。

iPS細胞を用いた抜本的な毛髪再生の研究も進み、再生医療で髪を取り戻せる時代は近づいている。 (中略)
東京・信濃町の慶応義塾大学病院皮膚科。大山学准教授が担当する毛髪外来は通常17時までにもかかわらず19時までいっぱいだ。自身の免疫が過剰に働いてしまう自己免疫疾患により頭髪が抜けてしまうなど脱毛で悩む患者を担当。iPS細胞を活用した最新鋭の毛髪の再生医療に挑む。 (引用)

自己免疫性疾患による脱毛・薄毛化は、男性特有のAGAとは少し異なり、頭皮に10円玉ぐらいの丸い脱毛根が発生する円形脱毛症です。

この円形脱毛症は一過性のものもあれば、進行するものもあります。進行が進むと、最悪の場合、全脱毛という恐ろしい事態になってしまいます。

さて、そのような恐ろしい脱毛症に対して、慶応義塾大学病院の大山学先生はiPS細胞を利用した治療法を考えられています。

iPS細胞とは京都大学の山中教授が発見した万能細胞であり、あらゆる細胞に分化することができます。この万能性こそが毛髪再生医療の切り札であると、大山先生は考えられています。

iPS細胞によって完全に毛根細胞が機能しなくなった人でも髪の毛が再生する

大山准教授の究極の目標は「毛根ゼロの患者を救うこと」――。昨年、ヒトiPS細胞とマウスの細胞を用いて、毛髪の根本にある毛包を再現したことを発表。不完全ながら毛の再生にも成功した。iPS細胞から毛包を作れれば、患者本人の頭皮に毛髪を作る機能がなくなっていても、再生可能となる。 (引用)

実験段階ではありますが、iPS細胞から毛の毛包を作り出す事に成功しており、また、髪の毛の再生についても第1ステップはクリアーしたようです。

この成果はもしかすると、今までの薄毛治療の根底を覆すかもしれません。というのも、実は今までの薄毛治療の場合、髪の毛の根幹である毛根細胞が完全に破壊されている場合には、大規模な植毛手術を除いて、髪の毛の再生はほぼ絶望的でした。

今までの育毛治療は、あくまでも活動力の低下した毛根細胞の活動力を高めるというのが基本であったため、完全に毛根細胞が死んでしまった人たちの場合、どれだけ治療しても満足な結果を得る事ができませんでした。

しかし、これらの研究が進んで実用段階に入ると、今までは治療不可だった薄毛の人たちを助けることができるでしょう。

コストダウンは急務

一般的に薄くなりにくい後頭部から、自分の毛を移植する自毛植毛では1000本移植して数十万円から200万円程度だが、iPS細胞から作った毛は1本で100万円程度。一般的な脱毛症の治療に用いるのは現実的とは言い難い。 (引用)

このiPS細胞を使った髪の毛のお値段は1本100万円と非常に高額であり、1000本再生させようとすると、なんと10億円!!!これでは一般人はおろか日本のトップクラスの芸能人でもかなり厳しいでしょう。

これなら前述で挙がっている自毛植毛手術の方を選択してしまいます。

もちろんこの技術は、まだ完全に確立しておらず、1本の金額も暫定的なものだと思います。しかし、少なくとも1本500~1000円程度に抑えなければ、実用化は難しいでしょう。

先生には是非とも頑張ってもらい、薄毛治療の未来を切り開いてほしいです。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  自家細胞移植とiPS細胞における毛髪再生医療

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安