プロペシアによるAGA改善効果や効能について徹底解説

プロペシアはAGA改善効果が非常に高く、世界中の薄毛に苦しむ人に使われています。このページではそんなプロペシアについて

  • どのようにしてAGAを改善させるのか
  • どれくらいの人に効果があるのか
  • どうすればさらに育毛効果を高められるのか

などを中心にプロペシアの効果について詳しく説明します。

プロペシアによるAGA改善効果は高い

プロペシアはフィナステリドを有効成分とする育毛剤であり、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を阻害する事でAGAの進行を抑えます。

有効成分フィナステリドは5αリダクターゼによる活性を阻害する

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合する事によって生成されます。そして、このDHTがアンドロゲンレセプターと結合する事で、脱毛の命令を出すTGF-βを作り出され、そのTGF-βの働きによって髪の毛の成長が抑えられます。

これがAGAすなわち男性型脱毛症のメカニズムであり、髪の毛の成長がストップする事で太くたくましい髪になる事が出来ず、抜け落ちてしまいます。

さて、そんな恐ろしいAGAですが、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5αリダクターゼによる活性を阻害するため、服用する事でテストステロンがDHTに変換(代謝)できなくなります。

すると、最終的に脱毛命令を出すTGF-βも生成されなくなるので、AGAの進行が止まります。

これがプロペシアの効能です。

男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて最高のA評価

2010年に日本皮膚科学会がAGA治療に関する奨励度を5段階に分けた男性型脱毛症治療のためのガイドラインを作成しました。そして、そのガイドラインではフィナステリドによるDHTの抑制はAGA治療において非常に有効であると評価されています。

下にそのガイドラインを載せるのでご覧ください。

AGA治療 効果 評価
ミノキシジル 頭皮の血行促進
塩化カルプロニウム 毛母細胞を活性化 C1
t-フラバノン 毛母細胞を活性化 C1
アデノシン 毛母細胞を活性化 C1
セファランチン 頭皮の血行促進 C2
ケトコナゾール 男性ホルモン(DHT)抑制 C1
自毛植毛手術 毛根の移植
人工毛植毛手術 -
フィナステリド 男性ホルモン(DHT)抑制

ここで出てきている評価については

  • A :行うよう強く勧められる
  • B :行うよう勧められる
  • C1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
  • C2:根拠がないので勧められない
  • D :行わないよう勧められる

のようになっています。

では、なぜこのフィナステリドが最高のA評価になったのかと言うと、

  • 海外の8件の良質なランダム化比較試験
  • 国内の1件の良質なランダム化比較試験

において、写真評価による脱毛状態の改善、毛髪数の増加、毛髪重量の増加が科学的に証明されたからです。意外とエビデンスの数が少ないと思われるかもしれませんが、良質なエビデンスの場合にはそれだけで十分な根拠となります。

国内の臨床試験においても効果は実証されている

上のガイドラインにもあった国内の臨床試験のデータが公表されているので、ご覧ください。

フィナステリド投与における薄毛改善効果を表示したグラフ

このグラフを見ると、1年で58%の人に発毛効果が表れています。また、それ以外の40%の人においても現状維持すなわちAGAの進行が抑えられています。

そして、2年目では68%、3年目では78%の人において発毛効果が得られています。つまり、3年間しっかりと服用する事で、8割の人はAGAが改善され、髪の毛のボリュームが増えます。

ただし、2~3%の人に限っては現状維持さえできていません。残念ながらこのような人たちの場合にはプロペシアでの改善は難しいでしょう。

プロペシアの口コミ評価においても多くの人が改善効果を報告している

ある個人輸入代行業者のプロペシアに関する口コミを200件調査し、その内容を

  • 効果あり
  • 効果なし
  • どららでもない

の3つに分けました。すると、効果ありが54%、効果なしが10%、どちらでもないが36%となりました。実際の口コミ等を見たい方はこちらをご覧ください。

ちなみにこのどちらでもないと言うのは、

  • 単なる購入報告
  • 個人輸入代行業者の値段が安い
  • 色々な育毛剤の種類を試している
  • 病院に行くのがめんどくさい

などのプロペシアの効果とは直接関係ないものです。

なので、このどちらでもないと言う口コミを無視して、効果があるなしだけで計算すると、実に85%の人がプロペシアの効果を実感していました。

さて、その効果ありの口コミについてはさらに詳しく調べてみると、次のような内訳になりました。

プロペシアによってどれくらい改善したかを示すグラフ

グラフより、髪の毛がしっかりと生えてきたと口コミしている人が最も多く、4割を占めていました。

そして、これらの口コミをしている人は長期に渡ってプロペシアを服用していました。

また、産毛のような細い毛が生えてきたと言う口コミも多く、2割を占めていました。割と早めに産毛が生えてきたと言う人と、時間をかけてゆっくりと生えてきたと言う人がいました。

そして、抜け毛が減ったと言う口コミと現状維持ができるようになったと言う口コミが合わせて1/3程度ありました。

この口コミ調査に関しては、服用年数やそれ以外の条件などもバラバラなので、少し効果がなかったと言う人の割合は多いですが、それでも上記の臨床試験に似たような結果となりました。

プロペシアの効果がでる人とでない人の違いは

さて、プロペシアがAGA治療において非常に効果がある事がわかりましたが、やはり効かないと言う人も出てきます。この効く人と効かない人はAGAになる原因が異なっています。

では、どのような原因の時には効果があって、どのような原因の時には効果がないのかを見ていきましょう。

DHTが原因でAGAが進む人には効果大だが、他の原因の人には効果小

まず、AGAの原因がDHTかそれ以外かでプロペシアの効果は大きく変わります。ちなみにそれ以外の理由として考えられるのは

  • 頭皮状態が悪い
  • 過剰なストレスを受けている
  • 生活習慣が悪い

などがあります。これらが原因でAGAが進行する場合にはプロペシアによる効果はほとんどありません。

と言うのもプロペシアの働きは5αリダクターゼによる活性を阻害することであり、髪の毛を生やす事ではありません。あくまでも髪の毛が生えるのは5αリダクターゼの活性が抑えられる事によってAGAの原因であるDHTの生成量が減るためです。

つまり、プロペシアによってAGAの原因が取り除かれるために、髪の毛が生えてくるというわけです。

なので、例えばストレスでAGAになっている場合にいくらプロペシアを服用しても原因であるストレスを取り除けるわけではないので、AGAの進行を止める事はできません。

その場合には、原因であるストレスを取り除いてやる必要があります。それ以外の場合でも同じで、AGAの原因を取り除いてやらなければ改善する事はありません。

ですから、DHTが原因であればプロペシアによって原因を取り除けるので効果は高くなります。それ以外の原因であれば、プロペシアではその原因を取り除けないので、効果は低くなります。

5αリダクターゼのⅡ型が原因の場合は効果大でⅠ型の場合は効果小

プロペシアの効果は5αリダクターゼの活性の阻害だと言いましたが、実は5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。

そのうちのⅠ型はほとんどの体毛の皮脂腺の中に存在するのに対し、Ⅱ型は前頭部や頭頂部などの限られた場所の毛乳頭にしか存在しません。

もともとAGAに関しては、5αリダクターゼⅡ型のみに影響を受けており、Ⅰ型の影響は受けないという考えが一般的でしたが、現在ではⅠ型Ⅱ型共に影響を受けると言う見解が主流となっています。

さて、話をプロペシアに戻しますが、実はプロペシアの有効成分フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型のみに作用し、Ⅰ型には作用しません。

なので、Ⅱ型が原因でAGAが進行している人にはプロペシアの効果が高く、逆にⅠ型が原因でAGAが進行している人にはプロペシアの効果はほとんどありません。

Ⅰ型が原因でAGAが進行している人は、Ⅰ型Ⅱ型の両方に作用するデュタステリドと言う成分を含んだアボダートを使用してください。こちらの育毛剤は、Ⅰ型が原因の人においてもAGA改善効果が認められています。

AGA遺伝子検査によってプロペシアが効くかどうかを調べる事ができる

実はAGAのなりやすさを遺伝子的に調べるAGA遺伝子検査というものがあります。これはCAGリピート数GGCリピート数から、AGAのなりやすさとフィナステリドの治療効果を知る事ができる検査です。

CAGリピート数とは人間のDNA塩基を構成するA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)においてC⇒A⇒Gと繰り返している場所があり、その繰り返しの数の事です。

このCAGリピート数の平均は22~25で、この値が低ければ低いほどフィナステリドが効きやすくなります。

なので、プロペシアによって薄毛が改善しやすいかどうかを知りたければ、1度AGA遺伝子検査を受けてみてください

プロペシアの効果はどれくらいであらわれるか

では次にプロペシアの効果が表れるのにどれくらいかかるかについて説明します。

使用説明において

プロペシアの使用説明書には、用量・用法に関する注意として以下のように記述されています。

3ヶ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヶ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用する事。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。

つまり、プロペシアの効果が出てくるまでには、早い人では3ヶ月ですが、一般的には6ヶ月かかるという事です。そして、服用するうえで重要な事が

  • 毎日しっかりと飲む
  • 飲む量を増やしても効果は変わらない

の2つです。

特に上の毎日飲み忘れないと言うのは非常に重要な事で、これがしっかりと守れない場合にはおそらく6ヶ月たってもあまり効果は出ないでしょう。十分注意してください。

なぜ効果が表れるのにこんなに時間がかかるのか

普通の薬などの場合には1週間もあれば薬の効果が表れてきますが、なぜプロペシアはこんなにも効果が出るのに時間がかかるのでしょうか。

その答えは実際に薬が効き始める時期に対して、体に変化が表れる(抜け毛の減少や産毛が生える)時期が極端に遅いからです。

プロペシアが効き始める時期というのは、5αリダクターゼによる活性を阻害してDHTの生成量が減少してくる時期の事で、これは服用後2~4週間です。つまり、プロペシア自体の効果は2~4週目で表れていると言う事です。

しかし、服用者の考えているプロペシアの効果とは髪の毛が生えてくる事なので、これをプロペシアの効果だとは思っていません。

では、DHTの生成量が減ったからと言って髪の毛はすぐに伸びてきたり、いきなり産毛が生えたりするのかと言えばそのような事はなく、そうなるまでには時間がかかります。

まず、DHTの生成量が減少すると、毛乳頭が今まで活動を停止していた毛母細胞に対して細胞分裂を行うように命令します。この時も毛母細胞に対して急激に細胞分裂を促すわけでは無く、少しずつ細胞分裂の量を増やしていきます。

なので、この間は通常よりも髪の毛の伸びるスピードは遅く、ゆっくりと成長していきます。そして、頭皮の表面から出てくるのに半年くらいかかります。

ここまでを総括して、なぜプロペシアの効果が出てくるのに半年もかかるのかというと、

プロペシアの本来の効果である5αリダクターゼによる活性の阻害は2~4週間で行われています。しかし、服用者が考えているプロペシアの効果は髪の毛が生えるという事であり、それは髪の毛の生えるスピード等が関係しているために半年の時間を必要とする

という事になります。

AGAの進行が進む前に服用すると効果が大きい

プロペシアはAGAの進行が進んでから服用するよりも進行が進む前に服用した方が効果が高く、しかも育毛にかかる時間も短くて済みます。

まず、AGAが初期段階の場合には、正常な髪の毛の割合が圧倒的に高く、DHTによって成長が鈍化した髪の毛の割合は低い状態です。

そして、AGAの進行がかなり進んでしまうと、正常な髪の毛の割合は低くなり、逆にDHTによって成長が鈍化した髪の毛の割合は高くなります。

髪の毛は新しく生やすよりも今あるものを守る方がはるかに簡単

プロペシアの効果としてはDHTによって成長が鈍化した髪の毛を正常にするという事だけが取り上げられていますが、今ある正常な髪の毛をAGA化から守る働きも持っています。

この”今ある正常な髪の毛を守る”と言うのは非常に重要であり、プロペシアの効果としても高く即効性があります。

それに対して、”DHTによって成長が鈍化した髪の毛を正常にする”というのはプロペシアでもそれほど簡単にはいきません。人によっては年単位の日数がかかる場合もあります。

ここで、上にあげた2つの状態

  • AGA初期段階:AGA化した髪の毛は少なく、正常な髪の毛が多い
  • AGA末期段階:AGA化した髪の毛は多く、正常な髪の毛が少ない

を比べてみると、初期段階では正常な髪の毛の割合が高いので、”今ある正常な髪を守る”がメインとなります。その場合にはプロペシアの効果は高く即効性があるため、すぐにAGA化の影響を抑えてくれます。

そして、AGA化した髪の毛も少ないので、少しずつ正常な状態に戻していったとしてもそれほど多くの時間はかからないでしょう。ですから、メンタルの面でも負担は少なくてすみます。

逆にAGAの進行が進んだ状態ではAGA化した髪の毛の割合が高いので、”DHTによってAGA化した髪の毛を正常にする”がメインとなります。こちらの場合にはもともと時間がかかる上にさらに改善させるべき髪の量も多いので改善には年単位の日数がかかります。

また、そのような状況化では時間がたっても改善されないと気持ちに焦りも生まれるため、メンタルの面でも負担は大きくなります。

ですから、そのようにならないためにも、AGAの進行が大きく進む前にプロペシアを服用するようにしましょう

最大の育毛効果を得たいならプロペシアとミノキシジルを併用する

上でも説明しましたがプロペシアの効果はどちらかと言うと今ある正常な髪を守ると言うもので、発毛効果はあるものの非常に長い時間が必要になってきます。

そこでお勧めしたいのがミノキシジルとの併用です。

ミノキシジルとは血管の拡張作用血管新生効果を持つ育毛成分です。これらの効果によって頭皮内にたくさんの血液や栄養を送り込まれ、細胞分裂が活発になり髪の毛がより太くたくましくなります。

上記の日本皮膚科学会が発表したAGA治療のためのガイドラインにおいても、最高のAランクでAGA治療効果も証明されています。

ちなみにこのミノキシジルは育毛剤としてロゲイン又はリアップとして販売されています。

作用機序が異なるのでプロペシアと併用可能

さて、ミノキシジル、プロペシア両方とも育毛剤ですが併用する事は可能です。

と言うのもミノキシジルの効果は血管の拡張及び新生であり、プロペシアの効果は5αリダクターゼの減少です。なのでそれぞれの発毛までのプロセスが異なっており、効果が重なるという事はありません。

そして、効果が重ならないという事はそれぞれが別々のアプローチによってAGA改善を行うので、非常に効果的で発毛までにかかる時間も短縮させることができます。

また、この2つの育毛剤を併用する事による副作用も現在は報告されていないので安心してください。

プロペシアとミノキシジルの組み合わせがAGA治療において最も有効


”プロペシアで今ある髪の毛を守りながら、
ミノキシジルで新しい正常な髪の毛を生えさせる”

これが現在の育毛剤によるAGA治療で最も効果が高く、実際にこの方法で髪の毛が元通りのフサフサになった人も大勢います。

正直、この方法で全くAGAが改善されない場合には育毛剤での治療はもはや不可能なので、植毛などの外科的手術を行うよう考えていく必要があります。

それほどまでにこの2つの服用はAGAにとって有効であり、それ以上効果のある育毛剤と言うのはないと断言できます。ですから、プロペシアの効果をさらに上げたいと言う方はこちらのミノキシジル配合のロゲインやリアップも使ってみてください。

これでプロペシアのAGA改善効果について終わります。もし、プロペシアの購入ついて考えられている方はこちらのページで病院と個人輸入代行業者のプロペシアの値段を比較し、どこが最安で購入できるか説明しています。興味があれば読んでみてください。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  プロペシアの効果や有効性について徹底解説

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安